内部クラッカーにご注意!

Mon, 09 Jan 2012 20:31:48 HADT (4522d)

広告

内部クラッカーにご注意

大学の研究室などはユーザーが少ないので比較的安全ですがユーザーの多いところでは(大学の計算機室など)内部クラッカー(多分私の造語) がいるかもしれません。

内部クラッカーとは正式な(内部の)ユーザーではあるけれど、他人のアカウントを盗んだり rootを盗んで次のクラッキングの足掛かりにしたりする人々です。 内部クラッカーがなぜ恐いか。

  1. すでに侵入している。
  2. システムを良くしっている。
  3. マシンに触れる。
  4. 罪悪感が薄い。

1について。 正式なユーザーだから侵入しているのと同等。外部のクラッカーは少しは努力して、侵入するのに。

2について。 システムがどんなOSか、管理者は誰か、外部から入れる電話番号はあるか。と言うことをすでに知っている。

3について。 これは、結構恐いことで、電源を切ったり、特殊キー(PCの Ctrl+Alt+Del 見たいの)を押されたり。 Mac、Windowsなら怪しいソフトをインストールされたり、ウイルスを育てたり、と結構恐いです。 また、PCだと、勝手にPC-unixをインストールするかも知れません。これは、rootを取られるのと同じでしょう。

4について。 これは、やはり内部と言うことで見つかってもそれほど大げさにはならないのでは。と思っているからかも知れません。

link