逆発想のポリシー

Mon, 09 Jan 2012 20:31:36 HADT (4522d)

広告

逆発想ポリシー

強固な金庫か靴下か

あなたがもし、財産を保管するとしたらどこに保管するだろうか? 高いお金を出してより強固で安全な金庫を購入するだろうか? 下手すると、中に入れている物の値よりも入れ物(金庫)の方が高くなってしまう(笑)

その昔、プロレスラー(現在は議員?)の大仁田厚がアメリカで修行中、何百万円に相当するお金を靴下に入れて!保管した と言うエピソードがあるそうだ。 泥棒もさすがに靴下にそれだけのお金が入っているとは思わないだろう。汚い靴下ならなおさらだ(笑) それにお金もほとんどかからない。

ここで、話す逆発想のセキュリティは正当な方法が「強固な金庫」なら「靴下」にあたる。 絶対に安全と言うわけでは無いが、効果的なものを集めたつもりだ。 アイデア次第で簡単かつ安価にセキュリティ強化ができる思う。 コンセプト どんな思想のもと話を進めて行くかと言うと

  • セキュリティ強化のために専用のソフトを買わない。
  • 人と違うことをする。
  • なるべくおもしろい発想で。

と言う感じです。

ポリシー

今回想定するのは

  • 素人向け。
  • あくまでも個人使用のコンピュータ向け。
  • たとえ何か害があっても「ま、いっか」程度で済まされる。
  • 老若男女に対応。
  • 難しいことは嫌いな人向け。

で、それに対するセキュリティポリシーは、

  • サーバは動かさない。
  • ウイルスにある程度の耐性を持つ
  • 君子危うきに近寄らず。
  • 攻撃を受けにくくする。
  • ユーザーは一人。

などです。それではお楽しみください。